ドル円は113円台では上値重く推移

ドル円は113円を回復
東京時間:ドル円は112円台前半で取引開始。日経平均株価が寄付き後、堅調に推移したことでドル円もつられて上昇。112円台後半まで値を上げた。欧州時間:ユーロ圏GDPが市場予想を下回ったことを受けてユーロが下落。ユーロ円は128円丁度近辺まで売られる場面も見られたが、その後反発し引けにかけては128円台半ばまで値を戻す展開。NY時間:米国株が寄付き後、堅調に推移。112円台後半で推移していたドル円は、株買い/債券売りを背景に上昇。ドルインデックスが年初来高値を更新する中、ドル円は引けにけて113円台を回復。
ドル円は113円台では上値重く推移か。
昨日のマーケットでは株式市場に底入れの兆しが見られたことからややリスクオン地合いになったものの、株式市場のボラティリティは未だ高止まっており警戒は解けない状況。本日は日銀による金融政策決定会合が予定されているが、金利予想は据え置きで記者会見でも特段サプライズはないものと見られている。ドル円は113円台では戻り売りに押される形で、上値の重い展開を予想する。

コメント