英語英会話一日一言Q711 人気講師の英会話レッスン! オンライン英会話

中学レベル以下の英語力。大丈夫!この方法なら英会話ができるようになる!

はじめての人は、ここから読んでね。
「英会話ができるようになりたい」「中学生以下の英語力」「英語で仕事が限定される」。英語ができないことで社会人としての活動範囲が限定されます。とはいえ、すぐに英語ができるようになりません。そこで、無理なくネイティブ英語を身につけていく英会話レッスン「英語英会話一日一言」を紹介します。

英語ができない人が日本にいながら英会話ができるようになるには、どうすればいいのでしょう?
私たちは、日常多く使っている言葉があります。自分の頭の中だけで思った言葉も含まれ、これらは使用頻度の高い言葉です。
使用頻度の高い、繰り返し使われる言葉を英語に置き換えていくことで英語が記憶に定着し、そのシーンになれば自然に英語が発声できるようになります。

この方法で、英語ができない人を英語ができるようにと活動している人がコペル英会話教室のイムラン校長です。
イムラン校長のすごいところは、英会話初心者向けに無料で英会話レッスンを提供しているところです。
イムラン校長のコペル英会話YouTubeチャンネル登録者数は11万人と超人気コンテンツになっています。

この記事は、コペル英会話教室の「英語英会話一日一言」YouTube動画を文章で予習してから動画レッスンを見ることで、理解力を高められる構成にしています。
この記事も動画も3分前後です。10分くらいの休息時間を作り、この記事を読み動画を見るを繰り返せば、どんどん英語ができるようになっていきます。

是非、英会話初心者の人は、毎日続けてください。
「英語英会話一日一言」コンテンツ一覧を作りました。ブックマークやホーム画面に追加し使ってください。

【英語英会話一日一言】動画と文章説明まとめ

英語英会話一日一言センテンス

問題:

Sorry, I have to take this call.

答え:

すいません、この電話は出ないといけません。

ポイント:

  • haveのveの発音は、前歯が下唇に隠れます。
  • thisのthの音をしっかり出しましょう。thisのthの音は、絶対に舌を出して発音してください。
  • 「call」英語の発音は、「コォー」です。calの「l」の音で終わります。「l」の音は、舌が前歯の裏に触れて音が出ます。この「l」の音がはっきり出る必要はなく、止まっているのが分かればいいです。
  • 正しい発音を覚えた方が100倍、上達が早いです。

この記事を読み進めると英語英会話一日一言の動画が観られます。
このまま読み進み、記事を読んでから動画を観てくださいね。

それでは、英会話レッスンをしましょう。

英語英会話一日一言を文章で予習

いつも英語英会話一日一言ご覧いただきありがとうございます。
今回は、Q711です。
Q711は、

Sorry, I have to take this call.

という表現です。
これは、日本語でどのような意味でしょうか?
5秒、考えてください。
1.2.3.4.5.

では、答えです。
答えは、

「すいません、この電話は出ないといけません。」「出ないといけない電話なんです。」

友人と食事中や、お話中に携帯に電話がかかってきます。
どうしても出なくてはいけない場合は、

「Sorry, I have to take this call.」

と言ってください。

「call」は電話ですが、相手に電話が見えていて、電話がかかっていることが相手に分かっていれば、「call」は省略してもいいです。
その場合は、「call」を省略し、

「Sorry, I have to take this.」

となります。

この英語表現を知らないと、電話がかかってきたときに、相手に電話を見せて、
「Sorry phone call.」となってしまいます。

こうではなく、スマートに、
「Sorry, I have to take this call.」
「Sorry, I have to take this.」
と言いましょうね。
このとき、ちょっと申し訳なさそうに言ってください。

では、発音やりましょう。

「Sorry, I have to take this call.」

「I have to」
アイハブトゥ

haveのveの発音は、前歯が下唇に隠れます。

「take this」
テイクディス

thisのthの音をしっかり出しましょう。

正面から見て舌が見えていますね。
thの音を舌を出さずにする人がいますが、これは物理的に不可能です。
thisのthの音は、絶対に舌を出して発音してください。

舌を出して
「this」
ディス

舌が正面から見て出ないと、「ス」になります。
舌をちゃんと出して発音しましょう。
ネイティブは、このように発音していますので、同じように発音すればできます。

よく発音難しいですと言っている人を見ると舌を出していないのです。
舌を出してください!とお願いしているのに、かたくなに出さないのです。
これでは、音が出るはずありません。
これは、英語の発音うんぬんでなく、物理的に無理です。
舌を出しをしっかり覚えておいてください。

「call」日本語の発音だと、「コール」と「ル」の音で終わります。
「call」英語の発音は、「コォー」です。calの「l」の音で終わります。
「l」の音は、舌が前歯の裏に触れて音が出ます。

「call」
「コォー」

この「l」の音がはっきり出る必要はなく、止まっているのが分かればいいです。
これが、英語ネイティブの発音です。

「コール」と言うと音が多いのです。「コォー」です。

このような発音が分かってくるとリスニングができるようになります。

リスニングができないのは、違う音で覚えているからです。

「コール」と「コォー」では、音が違いますよね。
「コール」で覚えているところに「コォー」と言われても分からないです。

「コォー」で覚え「コォー」で発音してれば、相手が「コォー」と言ったときに一致し分かりますよね。だから聞き取れるようになるのです。

リスニングは、よくたくさん聞いてください。と言われますが、このは勘違いです。本とは、リスニングはたくさん聞けばいいってもんじゃありません。
たくさん聞くよりも、正しい発音を覚えた方が100倍、上達が早いです。

なので是非、発音を意識しましょう。

「Sorry, I have to take this call.」

ガンガン使ってください。

携帯には、フェイク着信機能がある機種があります。
これを使ってでも、
「Sorry, I have to take this call.」
を使ってください。

英語英会話一日一言の動画を観る

この記事を読んだ後に動画を見ていただくと、予習ができているので動画で重要な箇所に集中して聞けると思います。
どのような発音なのか、ネイティブの発音をきいてくださいね。
この英語英会話一日一言の動画は無料で見られます。

まとめ:英語英会話一日一言の復習

レッスンの復習

問題:

Sorry, I have to take this call.

答え:

すいません、この電話は出ないといけません。

ポイント:

  • haveのveの発音は、前歯が下唇に隠れます。
  • thisのthの音をしっかり出しましょう。thisのthの音は、絶対に舌を出して発音してください。
  • 「call」英語の発音は、「コォー」です。calの「l」の音で終わります。「l」の音は、舌が前歯の裏に触れて音が出ます。この「l」の音がはっきり出る必要はなく、止まっているのが分かればいいです。
  • 正しい発音を覚えた方が100倍、上達が早いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)