金 先物と似ている金スポットと金CFDを金 先物と比較し、どれがよいのか調べました。

金 先物を投資手段としている人へ
金 先物と金スポット、そして金CFDをじっくり比較してみました。

金 先物は、資金効率を高めた短期トレーディングとして使っている思います。
短期トレーディングは、取引回数や取引量も多くなり取引手数料も上昇していると思います。
そこで、金 先物と似ている金スポットと金CFDを金 先物と比較し、どれがよいのか調べました。

この記事をおすすめしたい人

金 先物、金スポット、金CFDの
手数料、レバレッジ、取引時間、必要資金などを
比較し自分に合ったのを見つけたい方

※本記事は、2018年5月23日の情報を元に作成しています。
※比較銘柄:金 先物と金スポットは東京商品取引所(TOCOM)、金CFDは大手ネット証券会社です。
※金 先物、金スポットに関する金1gの値段は4,570円、取引に必要な最低金額は6,600円で計算しています。
※金CFD(XAUUSD) に関する金の価格は1290ドル、取引単位は1枚1トロイオンス、レバレッジは20倍で計算しています。

 

金 先物、金スポット、金CFDの比較まとめ

比較した結果をまとめました。
記事が長文のため結論から先に書きます。

少額から始めたい方

金CFDか金スポットが良いと思います。

いつでも金の売買をできるようにしたい方

金CFDが良いと思います。
金CFDは、月曜の朝から土曜の朝まで連続してほぼ24時間、金の売買ができます。
有事の際、金の価格変動が起きたときに金CFDの取引時間の長さが役立ちます。

限月を利用した取引をしたい方

金 先物が良いと思います。
限月があるのは、金 先物だけです。
なお、取引会社によっては、限月がある金CFDを取り扱っている場合があります。
限月の利用は、主にサヤ取りを行いたいプロの方で、一般の方は金CFDか金スポットが良いです。

金 先物、金スポット、金CFDのまとめ比較表

結果をまとめ、表にしました。
ポイントは、2つです。

  • レバレッジ重視なら、金スポット、金 先物。
  • 取引可能時間重視なら、金CFD。

目立った違いは、レバレッジと取引時間です。
レバレッジと取引時間の2つがポイントです。
レバレッジ重視なら、金スポットか金 先物。取引可能時間重視なら、金CFDとなります。
普通の個人投資家なら、金CFDのレバレッジ20倍で十分です。
多数のポジションを保有しレバレッジを高めハイリスク・ハイリターンを狙うプロの方なら金スポットや金 先物を選択となります。

普通の方なら金CFDがオススメです。

金 先物
ミニ取引
金スポット
東京ゴールドスポット100
金CFD
XAUUSD
手数料 180円
(往復・税込)
ミニ取引100グラム(1枚)
180円
(往復・税込)
100グラム(1枚)
161円
(往復・税込)
10トロイオンス(1枚)を100グラムに換算
レバレッジ 約69倍 約69倍 20倍
取引時間 8:45 ~ 15:15
16:30〜翌日5:30
土日・祝日を除く
8:45~15:15
16:30~ 翌5:30
土日・祝日を除く
月曜8:00AMから土曜5:00AMまでほぼ24時間
(夏時間)
必要な証拠金 6,600円 6,600円 7,012円
決済期限(限月) あり なし なし
上場市場等 東京商品取引所 東京商品取引所 店頭取引

 

金 先物、金スポット、金CFDの手数料を比較

 

金 先物
ミニ取引
金スポット
東京ゴールドスポット100
金CFD
XAUUSD
180円
(往復・税込)
ミニ取引100グラム(1枚)
180円
(往復・税込)
100グラム(1枚)
161円
(往復・税込)
10トロイオンス(1枚)を100グラムに換算

 

最も手数料が安いのは、金CFD

手数料重視の場合は、金CFDが最有力候補です。
金 先物と金スポットは、手数料が同じなので、手数料以外の特性、限月有無で選択するのが良いと思います。

注意点として手数料は、商品先物取引業者により異なります。

ここで掲載している手数料は、売買をオンライントレード方式にすることで比較的安く設定している会社の手数料です。
電話での注文を希望される方は、一般的に追加の手数料が発生します。
手数料の確認は、お取引している会社へお問い合わせください。
例えば、「東京ゴールドスポット100の1枚、往復 税込みの手数料を教えてください。電話注文ありとなしの両方を。」と聞くと教えてくれます。

金CFDはスプレッドを手数料に設定

金CFDは、実質的な手数料に相当するスプレッドをトロイオンスからグラムへ換算しました。
手数料の比較は、100グラムの場合の手数料に統一し比較しています。
※金CFDは、手数料を無料、スプレッドを実質的な手数料としています。金CFDのスワップ金利は、売り建玉と買い建玉でプラスとマイナスがありますので手数料計算から除外しています。

1トロイオンスの実質手数料を100グラムでの手数料に換算した計算式

東京商品取引所の金取引は、重量の単位にグラムを使っています。海外の金取引では、主にトロイオンスが使われています。
これは、1トロイオンスの実質手数料を100グラムでの手数料に換算した計算式です。
100グラム=3.21507トロイオンス
金CFD(XAUUSD)1枚1トロイオンスの実質手数料であるスプレッド往復は50円(1米ドル=100円)
金CFD(XAUUSD)1枚1トロイオンスの実質手数料を100グラムでの手数料に換算した場合、161円(=50円×3.21507トロイオンス÷1トロイオンス)

 

金 先物、金スポット、金CFDのレバレッジを比較

金 先物や金スポットは、ハイリスク・ハイリターンのシンボルとして語られる場合もあるくらい、高レバレッジです。
表記のレバレッジは、最大値です。無理にレバレッジを高めて取引する必要はありません。
レバレッジは、資金効率を高めた取引ができます。これがレバレッジのメリットですが、実際の取引では、使える資金に見合った適正なレバレッジで取引することが大切です。

 

金 先物
ミニ取引
金スポット
東京ゴールドスポット100
金CFD
XAUUSD
約69倍 約69倍 20倍

 

金 先物と金スポットのレバレッジは、変動します。これは、金価格と必要証拠金が変動するためです。
レバレッジ約69倍を算出した計算式を記載しておきます。レバレッジを計算したい方は、参考にしてください。
レバレッジの基本計算式=(取引価格×取引数量)÷証拠金
69.2倍=4,570×100÷6,600
金1gの値段が4,570円の時に必要な最低金額は6,600円。
レバレッジは、457,000円(100グラム)の取引を6,600円の証拠金で行えることから69.2倍。

金 先物、金スポット、金CFDの必要資金を比較

少額から始められるのは、金 先物と金スポットです。シンプルに少額から始めるなら、金 先物と金スポットです。
ただし、6,600円は、レバレッジが約69倍での必要資金のため、実際の取引では、もっと多くの金額を入金しレバレッジを低くする必要があります。

 

金 先物
ミニ取引
金スポット
東京ゴールドスポット100
金CFD
XAUUSD
6,600円 6,600円 7,012円

 

金 先物、金スポット、金CFDの取引時間を比較

取引時間は、金CFDがよい(取引可能時間が長い)です。
金CFDは、月曜の朝から土曜の朝までほぼ連続して24時間取引できます。
特に日本の祝日も取引できるのは、よい点です。世界的には、日本の祝日も金の売買が行われ金の価格が変動しています。地政学的リスクなどで金の価格が変動したときに金CFDの取引時間の長さが有利になります。

 

金 先物
ミニ取引
金スポット
東京ゴールドスポット100
金CFD
XAUUSD
8:45 ~ 15:15
16:30〜翌日5:30
土日・祝日を除く
8:45~15:15
16:30~ 翌5:30
土日・祝日を除く
米国冬時間
月曜〜金曜
8:00AM〜翌7:00AM米国夏時間
月曜〜金曜
7:00AM〜翌6:00AM

 

比較は、以上です。
ここからは、記事で紹介した金 先物、金スポット、金CFDを紹介します。

金 先物

先物とは、将来のあらかじめ定められた期日に特定の商品(原資産)を現時点で取り決めた価格で売買する事を約束する取引です。

金 先物の主な特徴

・証拠金取引(レバレッジを効かせられます。)
・買いと売りの両方が可能(FXやCFDと同じ)
・保有ポジションに決済期限があります。(ここがFXやCFDと異なります。)

詳しくは、東京商品取引所(TOCOM) 金 先物 取引要綱Webページをご覧ください。

http://www.tocom.or.jp/jp/guide/youkou/gold.html

 

金スポットの東京ゴールドスポット100

東京商品取引所(TOCOM)の東京ゴールドスポット100(金限日取引)は、新しい銘柄です。
従来の金 先物と比較し魅力的な要素が多くあります。
特徴を調べると、金CFDやFXに似た銘柄です。
金 先物にある限月(決済期限)がありません。
限日取引ですがポジションは、自動的に翌営業日に持ち越されます。
証拠金のレバレッジ取引ができます。
売り買いどちらからでも取引を始めることができます。
夜間も翌5:30まで取引可能です。取引時間は、土日・祝日を除く8:45~15:15、16:30~翌5:30です。

東京商品取引所(TOCOM)は、東京ゴールドスポット100の専用Webサイトを公開しています。(下記URL)

http://www.tocom.or.jp/jp/goldspot/index.html

 

金CFD

金CFDについては、GMOクリック証券の金CFDを案内します。

https://www.click-sec.com/corp/guide/cfd/info/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です