南アフリカランド円 スワップ金利 1年間 投資リターン

南アフリカランド円 スワップ金利、1年間の投資リターン。

FX 南アフリカランド円(ZAR JPY) のスワップ金利は、高く魅力的です。
なので、南アフリカランド円のスワップ金利で運用したら儲かるか検証しました。
利益を出すのに重要な事は、南アフリカランド円の為替レートの変動です。
この記事では、
・南アフリカランド円のスワップ金利と為替レート変動による損益で結果どうなる
・南アフリカランド円のスワップ金利の通貨ペアは、どれでどのFX会社がよいのか
この2点の調査結果を紹介します。

この記事は、自分ならこれが良いという個人的見解です。
本記事は、2018年7月15日付近の調査情報で作成しました。

 

結論から

FX南アフリカランド円(ZAR JPY) の通貨ペア価格は、底値圏にあると見られます。このことからスワップ金利運用で重要な為替レートの変動リスクが、トルコリラ円よりも低いと見られます。
現在、南アフリカランド円は、長期保有のスワップ金利運用に適しています。

以降の記事を読むと、結論に至った調査データーやFXスワップ金利運用の判断経由がわかります。

 

南アフリカランド円(ZAR JPY)のスワップ金利、1年間でいくら

南アフリカランド円をFXの買いで1万通貨を1年間保有した場合

通貨ペア:南アフリカランド円
為替レート:8.5円(2018年7月17日時点)
スワップ金利:20円/日、7,300/年
購入時期:2018年7月
購入量:1万通貨 買い

レバレッジ約1倍、初期資金85,000円の場合
85,000+7,300=92,300円
年間利回り:8.59%

レバレッジ約2倍、初期資金42,500円の場合
42,500+7,300=49,800円
年間利回り:17.18%

南アフリカランド円のスワップ金利運用の年間利回りは、メキシコペソ円のスワップ金利運用よりも良いです。

長期運用の場合レバレッジは、2倍までにすることをオススメします。レバレッジを3倍にするなら南アフリカランド円の為替レートを定期的にチェックし、レートが下落したらロスカットしないようすぐに資金を追加する必要があります。定期確認や証拠金計算が難しい方は、レバレッジ2倍の運用をオススメします。レバレッジ2倍の年利、約17%はとても良い数値です。

 

1万通貨、南アフリカランド円、買い、1年間、スワップ金利の利益表

レバレッジ 1倍 2倍
初期資金(円) ¥85,000 ¥42,500
スワップ金利(年) ¥7,300 ¥7,300
年間利回り 8.59% 17.18%

 

10万通貨、南アフリカランド円、買い、1年間、スワップ金利の利益表

レバレッジ 1倍 2倍
初期資金(円) ¥850,000 ¥425,000
スワップ金利(年) ¥73,000 ¥73,000
年間利回り 8.59% 17.18%

 

25万通貨、南アフリカランド円、買い、1年間、スワップ金利の利益表

レバレッジ 1倍 2倍
初期資金(円) ¥2,125,000 ¥1,062,500
スワップ金利(年) ¥182,500 ¥182,500
年間利回り 8.59% 17.18%

 

50万通貨、南アフリカランド円、買い、1年間、スワップ金利の利益表

レバレッジ 1倍 2倍
初期資金(円) ¥4,250,000 ¥2,125,000
スワップ金利(年) ¥365,000 ¥365,000
年間利回り 8.59% 17.18%

 

補足

最少必要証拠金をアピールしているFX会社もあります。しかしスワップ金利運用では、無意味な数値です。勘違いしないよう気をつけてください。

為替レート×1万=レバレッジ1倍の資金です。
8.5円×1万=8.5万円

通貨単位は、1000、1万、10万とあります。通常の取引では1000通貨単位で行われます。この違いにも注意してください。

為替レートの変動による損益計算

FX会社によっては、スワップ金利のシミュレーションを提供している会社があります。
しかし、注意してください。過去のレート変化を使わず、未来の想定値(利益が出るように見せている)でスワップ金利運用が儲かるように見せているFX会社もあります。

ここでは、為替レートの変動による損益計算を「GMOクリック証券 FXネオ ロスカットシミュレーション」で行いました。

スワップ金利の計算

南アフリカランド円のスワップ金利は、1日20円(買い1万通貨の場合)として計算しています。
20円×365日(1年間)=7,300円

スワップポイントの付与日数について

FX取引では実際の資金のやり取りを2営業日後に行うことになっており、これを「受け渡し日」といいます。

スワップポイントは1年365日分付与されますが、土日や海外の祝日を挟んだ受け渡しが発生する場合、付与日数が変わります。
例えば通常水曜日から木曜日にポジションを持ち越した場合受け渡し日はそれぞれ金曜日(水曜日取引分)、月曜日(木曜日取引分)となるため受け渡し日に3日の差異が生じるため、3日分のスワップが付与されることになります。

 

南アフリカランド、売りのスワップ金利。

売りで新規注文した場合のスワップ金利がものすごく高いです。売りポジションで、スワップ金利がもらえます。売りでのスワップ金利を狙う通貨ペアは、南アフリカランドの場合、EUR/ZARとCHF/ZARがあります。

過去20年間のチャートです。

EUR/ZAR

CHF/ZAR

現在、高値圏にレートがあり今後、横ばいか下降すれば、売りでのスワップ金利運用が成り立ちます。
しかし為替レートの変動による損益が大きいので、売りのスワップ金利運用は、超ハイリスク・ハイリターン!!
ドキドキ運用派向きです。

 

スワップ金利とスプレッドでFX会社を比較。メキシコペソ、南アフリカランド、トルコリラ

スワップ金利が高い主なFX会社を比較しました。
さらに売りでの高スワップ金利のFX会社を掲載しました。

買いでのスワップ金利狙いなら、みんなのFXがよいです。
売りでのスワップ金利狙いなら、サクソバンクがよいです。

南アフリカ ランド 日本 円 欧州 ユーロ スイス フラン
ZAR/JPY EUR/ZAR CHF/ZAR
買い 売り 売り
みんなのFX スワップ金利 20
スプレッド 1.8
GMOクリック証券 スワップ金利 11
スプレッド 1
FXプライム スワップ金利 23
スプレッド 3
サクソバンク スワップ金利 14 193 177
スプレッド 2.4 75.4 67.7

 

メキシコ ペソ 日本 円 欧州 ユーロ スイス フラン
MXN/JPY EUR/MXN CHF/MXN
買い 売り 売り
みんなのFX スワップ金利 15
スプレッド 1.8
GMOクリック証券 スワップ金利
スプレッド
FXプライム スワップ金利 13
スプレッド 1.9
サクソバンク スワップ金利 10 234 215
スプレッド 24.5 61.7 70.1

 

トルコ リラ 日本 円 欧州 ユーロ スイス フラン
TRY/JPY EUR/TRY CHF/TRY
買い 売り 売り
みんなのFX スワップ金利 110
スプレッド 1.9
GMOクリック証券 スワップ金利 86
スプレッド 1.9
FXプライム スワップ金利 80
スプレッド 4.8
サクソバンク スワップ金利 95 531 469
スプレッド 4.6 16.8 14.7

 

※2018年7月8日時点の情報です。
※スワップポイントは、付与日数が1日の金額(円)です。
※スワップポイントは、1万通貨単位の場合です。

 

南アフリカの経済や財政を見る。

FXのスワップ金利運用では、国の経済や財政を見ます。
見やすいWebサイトがありますので紹介します。「世界経済のネタ帳」です。
南アフリカがどのような国かわかります。投資を予定している国です。投資先として大丈夫か、じっくり見定めてください。

 

南アフリカランド円(ZAR JPY)は、南アフリカランド円の為替レートが安いときに買うとよい

南アフリカランド円のFX為替レートが変動すると損益が発生します。FXで南アフリカランド円を買った後に、南アフリカランド円の価格が上昇すれば、利益が出ますし、南アフリカランド円の価格が下降すれば損失がでます。この為替レートの変動による損益は、南アフリカランド円のスワップ金利の利益よりもおおきく、南アフリカランド円の購入時期を失敗するとスワップ金利運用が破綻します。
将来、南アフリカランド円の価格が上昇するか下降するか予想し当てることが極めて重要で、これにかかっているといっても過言ではありません。

 

買うなら南アフリカランド円の為替レートが上昇傾向になる必要がある。

次のチャートは、南アフリカランド円 MXN JPN 月足チャート 2018年7月14日から過去20年間と10年間です。

南アフリカランド円、20年間の為替チャート(月足)

南アフリカランド円、10年間の為替チャート(月足)

南アフリカランド円(ZAR JPY)は、2016年6月に6.42円の最安値を付けました。
現在は、8.50円です。その差は、約2円ですので2円下落しても大丈夫なレバレッジに設定する必要があります。
また為替レートは、今後上昇、下降の両方が考えられます。
レバレッジは、最大で約3倍です。安全を見るならレバレッジは、2倍が良いです。

 

高いスワップ金利になる通貨ペアの調べ方

スワップ金利が高いFX通貨ペアの見つけ方です。
各国の政策金利で、政策金利が高い国と低い国の通貨を組み合わせると、スワップ金利が高いFX通貨ペアになります。
下記の表は、政策金利が高い国と低い国の通貨を組み合わせた通貨ペアの表です。
横軸が政策金利の高い国、縦軸が政策金利の低い国です。
これで、スワップ金利が高いFXの通貨ペアが見つけられます。

通貨 トルコ リラ メキシコ ペソ 南アフリカ ランド
政策金利 17.75% 7.75% 6.50%
通貨記号 TRY MXN ZAR
スイス フラン -1.25% CHF CHF/TRY CHF/MXN CHF/ZAR
欧州 ユーロ 0.00% EUR EUR/TRY EUR/MXN EUR/ZAR
日本 円 0.10% JPY TRY/JPY MXN/JPY ZAR/JPY


※2018/7/7時点

 

各国の政策金利(高い順)

各国の政策金利は、FX会社に掲載されています。
参考:外為どっとコム 政策金利

エクセル等に貼り付けて、下記のように政策金利が高い順に並び替えると分かりやすくなります。
これが政策金利が高い国と、低い国の通貨を組み合わせる元資料になります。

高い順 政策金利(%)
1 トルコ 17.75
2 メキシコ 7.75
3 南ア 6.50
4 中国 4.35
5 米国 2.00
6 NZ 1.75
7 豪州 1.50
8 カナダ 1.25
9 英国 0.50
10 日本 0.10
11 欧州 0.00
12 スイス -1.25

 

※2018/7/7時点

 

まとめ

南アフリカランド円は、メキシコペソ円と同水準でスワップ金利運用に適しています。
可能なら、南アフリカランド円とメキシコペソ円の両方に分散投資が良いです。
どちらか一方なら、より底値圏とみられるメキシコペソ円がよいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です