ドル円 予想 ブログ 難しい値動きです。ファンダメンタルの影響が高いです。外国為替証拠金取引

ドル円 予想 ブログ 外国為替証拠金取引

日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト(CMTA®)のFXトレーダーです。 テクニカル分析でドル円を予想しFXを楽しんでいます。今から数日先の相場観です。参考にどうぞ。

難しい値動きです。ファンダメンタルの影響が高いです。では、前回の振り返りと今後の相場展開を見ていきます。

昨日のドル円 予想結果

ドル円 日足チャートでは、今後の3日間、上昇傾向に設定しました。結論、思惑通り上昇しています。
4時間足チャートの予想には、反省点があります。教訓として記憶すべき事項です。現値の下げ止まりで、サイクル下降の高値を使われました。過去の相場サイクルで谷に当たる箇所で、この谷の4本値のどこが効くかにて高値が効いたことです。

図:4時間足チャート

青色の横線2カ所の場所を見てください。
陰線の高値がレベルラインとなり、その後の下値を支えています。実際これを見るためには、定期的に相場を見る必要があります。しかしこのことは、自身のレベルを高める要素となりました。

今日のドル円 予想

はじめに日足チャートで今後の値動きを予想します。

ドル円 日足チャートでは、今後の1日間、横ばい傾向に設定

ドル円 日足チャートでは、上昇力が弱まったローソク足の形になっています。現在は、上昇トレンドの状態であり、上昇トレンドラインの上に現値もあり、さらに陽線が連続しています。素直に見ると上昇の判断になりますが、過去の経験から上昇が一服し売方勢力が攻めてくるのではと感じています。

結論、日足チャートでは、横ばい傾向に設定。上昇の行き過ぎに対する一時的な下げが発生する予感がします。

図:ドル円 日足チャート

これを認識し次は、4時間足チャートで見ます。

ドル円 4時間足チャート 売りエントリー

値動きが横ばいの場合は、エントリーしません。下降したらエントリーを行います。
図は、ドル円 4時間足チャートです。相場の方向が反転する可能性が高い場所に水平線を引きました。真ん中の2本の水平線が狭い状態です。この中にレートが入り下降が続くようなら、下降が継続すると判断し売りエントリーする作戦です。
一番上の水平線を上にブレークしたら、上昇が継続すると判断し、買いエントリーする作戦もあります。
結論、難しい値動きです。上下どちらに動くか見極めてから順張りエントリーを行う作戦です。深追いは、行わない方が良い相場です。

図:ドル円 4時間足チャート

以上、今日の作戦でした。

相場回顧
ドル円は反発
東京時間:前日海外時間の流れを受け、日経平均株価が寄り付きから堅調に推移。ドル円は株式市場につられる形で上昇し、引けにかけては111円丁度近辺まで値を上げた。
欧州時間:引き続き、マーケットはリスクオフからの巻き戻しモードでドル円は序盤に111円台を回復する場面も見られたが、その後は失速し110円台後半で推移した。
NY時間:米国株が寄り付きから堅調に推移するとドル円も反発。トルコリラやその他EM通貨の値動きに落ち着きが見られたことでドルに買い戻しが入り、ドル円は一時111円31銭まで上昇。一方、ドル高からユーロ安となりユーロ円は一時126円を割れる場面も見られたが、引けにかけては126円台前半で推移した。

*投資は、自己責任です。投資の最終判断は、ご自身でお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です