ドル円 予想 ブログ 相場が動いたら 外国為替証拠金取引

ドル円 予想 ブログ 外国為替証拠金取引

日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト(CMTA®)のFXトレーダーです。 テクニカル分析でドル円を予想しFXを楽しんでいます。今から数日先の相場観です。参考にどうぞ。

最近の相場がぜんぜん動きません。これでは、手を出せません。

昨日のドル円 予想結果

はじめに日足チャートで今後の値動きを予想します。
ドル円 日足チャート
ドル円 日足チャートでは、トレンドラインが適用できず、レベルラインの水平線が有効になっています。横ばいトレンドのレンジ相場になっています。昨日と同じでレンジを意識した作成を考えていきます。予想レンジ111.49-110.93です。現値の上下にある水平線が予想レンジです。予想レンジの作戦は、レンジの高値付近、安値付近で相場が反転したら順張りでエントリーです。もし予想レンジを抜けたら、しばらく様子を見てレンジから離れていくようならその方向に順張りのエントリーです。結論:日足では、レンジ作戦となります。
これを認識し次は、4時間足チャートで見ます。
ドル円 4時間足チャート
4時間足チャートで見ます。4時間足チャートでの日足チャートと同じレンジ作戦が有効とみられます。現値の上下にある水平線が予想レンジです。予想レンジは、日足と同じ111.49-110.93です。予想レンジの作戦は、レンジの高値付近、安値付近で相場が反転したら順張りでエントリーです。もし予想レンジを抜けたら、しばらく様子を見てレンジから離れていくようならその方向に順張りのエントリーです。ダマシに合わないよう見極めがこつとなります。結論:日足と同じ&昨日と同じです。なので値動きが弱い可能性が高いです。サブシナリオ:予想レンジをブレイクしたらその勢いに乗って順張りエントリーです。値動きが弱いならトレードはお休みです。

結果:値動きが弱すぎエントリーはお休みでした。値動きが弱いが予想で当たってしまった。

今日のドル円 予想

はじめに日足チャートで今後の値動きを予想します。

ドル円 日足チャート

ドル円 日足チャートでは、トレンドラインが適用できず、レベルラインの水平線が有効になっています。横ばいトレンドのレンジ相場になっています。昨日と同じでレンジを意識した作成を考えていきます。
予想レンジ111.49-110.93です。
現値の上下にある水平線が予想レンジです。予想レンジの作戦は、レンジの高値付近、安値付近で相場が反転したら順張りでエントリーです。もし予想レンジを抜けたら、しばらく様子を見てレンジから離れていくようならその方向に順張りのエントリーです。

結論:日足では、レンジ作戦となります。

図:ドル円 日足チャート

これを認識し次は、4時間足チャートで見ます。

ドル円 4時間足チャート

4時間足チャートで見ます。4時間足チャートでの日足チャートと同じレンジ作戦が有効とみられます。
現値の上下にある水平線が予想レンジです。予想レンジは、日足と同じ111.49-110.93です。
予想レンジの作戦は、レンジの高値付近、安値付近で相場が反転したら順張りでエントリーです。もし予想レンジを抜けたら、しばらく様子を見てレンジから離れていくようならその方向に順張りのエントリーです。ダマシに合わないよう見極めがこつとなります。

結論:日足と同じ&昨日と同じです。なので値動きが弱い可能性が高いです。

サブシナリオ:予想レンジをブレイクしたらその勢いに乗って順張りエントリーです。

値動きが弱いならトレードはお休みです。

図:ドル円 4時間足チャート

相場回顧

貿易協定に関して発言聞かれるも、大きな動きなし
東京
朝方のドル円は前日からの流れが続き111円台前半での推移となる中で111.01をつけて東京時間は111.14レベルでオープン。前日にNAFTA再交渉を巡ってトランプ米政権がメキシコとの協議で合意に至り、米国による一方的な通商政策を巡る貿易摩擦懸念が後退する格好に本邦株式市場が全面高となる中、日経平均株価は一時約2ヶ月ぶりに23,000円台に乗せる展開。ドル円相場も堅調推移となりお昼にかけて111.35まで上昇。その後は、日経平均株価が徐々に上げ幅を縮小していく展開にドル円の上昇も一服。引けにかけてはじりじりとレベルを下げる展開となり、結局111.21レベルで海外へ渡った。
東京時間:前日の米メキシコ貿易協定合意を好感し、日経平均は一時2か月半ぶりに23000円台を回復するなどリスクオンの流れ。ドル円は111円ちょうど付近から111円30銭を超える水準まで上昇、ユーロ円は一時130円台を示現。
ロンドン
ロンドン市場のドル円は、111.21レベルでオープン。東京時間の流れを引き継ぎ、ドル円はじり安の展開。レンジも狭く111.02~23で推移し、結局111.04レベルでNYに渡った。ユーロドルは、1.1673レベルでオープン。欧州時間はユーロ買戻しの展開。米国とメキシコの貿易協議が合意に至ったことを好感し、欧州株価が上昇すると、ユーロ買い優勢地合いとなり1.17台を回復すると1.1718まで堅調推移。1.1717レベルでNYに渡った。ポンドドルは、1.2882レベルでオープン。ユーロ相場に連れる動きとなり、対ドルでポンド買い優勢となる展開。一時1.2919まで上昇し、1.2914レベルでNYに渡った。
欧州時間:ドルが全般的に軟調推移となり、ドル円は東京時間の上昇分を消す形で111円台ちょうど付近まで反落。イタリアのトリア財務相の発言(以下)が伝わると、ユーロ買いが強まり、ユーロ円は130円を超える水準での推移となった。
ニューヨーク
前日に発表された米国・メキシコの貿易協定合意と米加通商協議再開のニュースが海外市場にも伝わり、世界的な貿易摩擦懸念が一時後退したことから、日経平均は上昇。ドル円も連れ高となり111.35まで上昇するが、欧州時間にドル売りが強まったことから111.02まで下落し、111.04レベルでNYオープン。朝方は111.00近辺で小動きとなる中で一時110.95をつける。その後、米8月消費者信頼感が2000年以来の高水準となり、市場予想を上回ったことから111.18まで上昇。再び111.04まで下落するが、米金利上昇や午前中の強かった米経済指標がドル買いをサポートし、111.24まで反発。結局111.19レベルでクローズ。海外市場のユーロドルは、節目の1.17台突破を試す展開が続き、早朝にトリア伊財務相が「イタリア政府はEU財政赤字上限の3%を破るつもりはない」と発言したことが伝わり、イタリアの財務リスクに対する懸念が緩んだことから、1.1700を上抜け1.1717レベルでNYオープン。海外時間の流れを引き継ぎ、朝方は1.1734まで上昇するが、上記米経済指標が強かったことからドルが買い戻され1.1705まで反落。その後1.1715近辺での推移が続くが、終盤にドル買いが強まったことから1.1691まで反落し、1.1694レベルでクローズ。
NY時間:米経済指標が好調な結果となり、米金利上昇を見ながらドル売りが一服。北米貿易協定に関する各種発言も聞かれたものの、相場を大きく動かす材料とはならず、ドル円は111円台前半、ユーロ円は130円ちょうど付近でクローズとなった。

先週金曜日のジャクソンホールにおけるパウエルFRB議長公演において、「この力強い経済が継続するとみる十分な根拠がある」、「現在の漸進的な正常化プロセスは引き続き適切」などと述べた。市場は米ドル売り、株高で反応した。その流れは続き、昨日はS&P500、ナスダック総合が高値更新、米10年債利回りも2.88%台へ上昇している。為替市場では8月中旬以降ユーロドルがやや強含んで要るものの、上昇トレンドを形成するまでには至っていない。強い米国経済と相対的に弱いその他の国という構図の中、足もと継続していたドル高がリスクオフを想起させる懸念はそれほど高くないとも考えられ、現時点でドル売りがそのまま加速することは想定しづらい。ただし、上記の通り、それは強い米国経済(=強い米株)が維持される前提の話であり、足許のドル高が米国の期待インフレを押し下げ、また米企業の逆風となってリスクが顕在化してくると、それがリスクオフのきっかけになる可能性もある。トルコを起点としたエマージングマーケットのトピックはピークアウト、今後は米国の中間選挙も意識しつつ、Fedの金融政策と合わせ米国経済の先行きに再度注目が集まると考えられるが、ドル円についてはもみ合い相場の中で次なる材料探しの時間帯が続きそうだ。

 

*投資は、自己責任です。投資の最終判断は、ご自身でお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です