ドル円 予想 ブログ 外国為替証拠金取引

ドル円 予想 ブログ 外国為替証拠金取引

日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト(CMTA®)のFXトレーダーです。 テクニカル分析でドル円を予想しFXを楽しんでいます。今から数日先の相場観です。参考にどうぞ。

最近のドル円の値動きは、ハラハラ ドキドキ相場です。では、前回の振り返りと今後の相場展開を見ていきます。

昨日のドル円 予想結果

ドル円 日足チャートでは、今後の3日間、上昇傾向に設定しました。
結論、どんどん上昇。下降トレンドラインを下から上に抜けました。この上昇は、想定外です。4時間足チャートでも、どんどん上昇し下降トレンドラインを下から上に抜けました。そもそも下降トレンドに設定し、下降トレンドラインから現値が離れすぎなので直近上昇相場になると読んでいました。ところが、上昇が強く相場サイクルが反転した可能性が強くなりました。昨日のエントリー作戦は、不成立でしたのでエントリーしませんでした。

今日のドル円 予想

はじめに日足チャートで今後の値動きを予想します。

ドル円 日足チャートでは、今後の3日間、上昇傾向に設定

ドル円 日足チャートでは、下降トレンドから上昇トレンドに反転したとみています。反転箇所から通常の上昇トレンドラインを引くと急なラインになり短期間の相場分析では間違いが起きるので、過去相場サイクルの安値を視点に上昇トレンドラインを引きました。このトレンドラインは、原則的な引き方ではないので個人ごとに見解が別れると思います。それでも、急上昇傾向の上昇トレンドラインになります。
上昇のターゲットは、112.16です。112.16は、過去のサイクルの山にあたります。ちょっと高すぎる感じがします。現段階では、112.16まで上昇するかは、半信半疑です。今後の相場展開で可能性を調整していく感じです。

結論、日足チャートでは、上昇傾向に設定。

図:ドル円 日足チャート

これを認識し次は、4時間足チャートで見ます。

ドル円 4時間足チャート 売りエントリー

日足で上昇設定したから買いエントリーみないな単純な判断はできませんね。4時間足チャートを見ると直近の値動きは、上昇、下降の両方が考えられます。
相場の反転ポイントに水平線を引きました。下図のドル円 4時間足チャート、4本の水平線、上から111.45, 111.18, 110.93, 110.58です。
この水平線は、相場のサイクル山谷に引いています。正規のテクニカル分析を学んだ世界中の投資家が意識すると考えられるポイントです。水平線付近では、ポジションを建てずに相場の方向を見る場所です。現在は、中央下側の水平線付近です。ここでは、手を出せません。中央を抜け方向が出たらエントリーします。
今回の利食いは、20~30銭です。
結論、上下どちらに動くか見極めてから順張りエントリーを行う。今日は慎重。

図:ドル円 4時間足チャート

以上、今日の作戦でした。

相場回顧
ドル円はEM通貨に振らされる展開
東京時間:ドル円は110円台前半で取引開始。先週末の海外時間の流れを受けて、日経平均株価が寄り付きから軟調に推移するとドル円も下落。更に南アフリカランドが急落したことを受けてリスクオフから円買いが加速し、ドル円は一時110円11銭まで値を下げた。
欧州時間:序盤はトルコ発のリスクオフに一旦の落ち着きが見られる中、ドル円は110円台前半で推移。「トルコで拘束中の米国人牧師が8/15迄に解放」とのヘッドラインが入ると、トルコリラが買い戻される中、ドル円も反発。その後、アンカラの米国大使館から上記報道を否定するコメントが出されたものの、ドル円のショートカバーは止まらず上昇を続けた。
NY時間:ドル円は引き続き堅調に推移し、本日高値の110円95銭まで値を戻した。その後は特段のヘッドラインのない中、110円台後半で推移した。

*投資は、自己責任です。投資の最終判断は、ご自身でお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です