ドル円 予想 ブログ 値動き弱いレンジ相場 外国為替証拠金取引

ドル円 予想 ブログ 外国為替証拠金取引

日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト(CMTA®)のFXトレーダーです。 テクニカル分析でドル円を予想しFXを楽しんでいます。今から数日先の相場観です。参考にどうぞ。

最近の相場は、トレンドラインが適用できず、レベルラインの水平線が有効になっています。さらに横ばいトレンドのレンジ相場になっていると考えられます。

昨日のドル円 予想結果

昨日の作戦は、はじめに日足チャートで今後の値動きを予想します。
ドル円 日足チャートでは、
最近の相場は、トレンドラインが適用できず、レベルラインの水平線が有効になっています。さらに横ばいトレンドのレンジ相場になっていると考えられます。そこでレンジを意識した作成を考えていきます。
予想レンジ111.49-110.93です。
現値の上下にある水平線が予想レンジです。予想レンジの作戦は、レンジの高値付近、安値付近で相場が反転したら順張りでエントリーです。もし予想レンジを抜けたら、しばらく様子を見てレンジから離れていくようならその方向に順張りのエントリーです。
結論:日足では、レンジ作戦となります。
これを認識し次は、4時間足チャートで見ます。
4時間足チャートで見ます。4時間足チャートでの日足チャートと同じレンジ作戦が有効とみられます。
現値の上下にある水平線が予想レンジです。予想レンジは、日足と同じ111.49-110.93です。
予想レンジの作戦は、レンジの高値付近、安値付近で相場が反転したら順張りでエントリーです。もし予想レンジを抜けたら、しばらく様子を見てレンジから離れていくようならその方向に順張りのエントリーです。ダマシに合わないよう見極めがこつとなります。

結果:予想レンジは当たりましたが、値動きが弱すぎエントリーできませんでした。

今日のドル円 予想

はじめに日足チャートで今後の値動きを予想します。

ドル円 日足チャート

ドル円 日足チャートでは、トレンドラインが適用できず、レベルラインの水平線が有効になっています。横ばいトレンドのレンジ相場になっています。昨日と同じでレンジを意識した作成を考えていきます。
予想レンジ111.49-110.93です。
現値の上下にある水平線が予想レンジです。予想レンジの作戦は、レンジの高値付近、安値付近で相場が反転したら順張りでエントリーです。もし予想レンジを抜けたら、しばらく様子を見てレンジから離れていくようならその方向に順張りのエントリーです。

結論:日足では、レンジ作戦となります。

図:ドル円 日足チャート

これを認識し次は、4時間足チャートで見ます。

ドル円 4時間足チャート

4時間足チャートで見ます。4時間足チャートでの日足チャートと同じレンジ作戦が有効とみられます。
現値の上下にある水平線が予想レンジです。予想レンジは、日足と同じ111.49-110.93です。
予想レンジの作戦は、レンジの高値付近、安値付近で相場が反転したら順張りでエントリーです。もし予想レンジを抜けたら、しばらく様子を見てレンジから離れていくようならその方向に順張りのエントリーです。ダマシに合わないよう見極めがこつとなります。

結論:日足と同じ&昨日と同じです。なので値動きが弱い可能性が高いです。

サブシナリオ:予想レンジをブレイクしたらその勢いに乗って順張りエントリーです。

値動きが弱いならトレードはお休みです。

図:ドル円 4時間足チャート

相場回顧

米メキシコ、貿易協定に合意
東京
ドル円は朝方にこの日の高値となる111.38をつけた後、東京時間は111.29レベルでオープン。先週末に米長期金利が低下する中で長短金利差が2007年ぶりの水準まで縮小した他、ポンペオ米国務長官の訪朝計画が中止となり米朝関係悪化懸念が高まるなど、週明けも不安材料が意識される状況。ドル円は上値の重い展開が続き、堅調推移する日経平均株価を横目にじりじりと値を下げて、先週末金曜日の安値111.10を下抜けるとそのまま一時110.94まで急落。同水準では買い意欲も見られ、直ぐに111円台を回復。その後は111円台前半での小幅レンジ内での推移となり、結局111.03レベルで海外へ渡った。
東京時間:-朝方は先週NY時間終値からほぼ横ばいでドル円は111円台前半での値動きとなったものの、徐々にドル売り円買い圧力が高まり、一時111円割れ。午後には値を戻しドル円は111円台前半での推移となった。
欧州時間:-発表された独経済指標(下記)は良好な結果となったものの、大きな反応はなし。欧州時間終盤には次第にドルが弱含み、ドル円は111円割れを再度示現。ドルは対ユーロでも弱含んだことから、相対的にユーロ買いとなり、ユーロ円は129円台半ばにかけて小反発となった。
ニューヨーク
先週行われた米中通商協議で具体的な進展がなかったことや、トランプ米大統領が北朝鮮との非核化協議の停滞 を理由に米国務長官の訪朝中止を指示したこと等を背景に米国と各国の関係悪化が再び意識される中、海外時間 のドル円は一時111円を下抜け110.94を付け、111.20まで戻すも上値は重く、111.02レベルでNYオープン。朝方 は対ユーロ主導でドル売り優勢な展開となる中、110.95まで下落するが、「米国とメキシコがNAFTA再交渉で一部 合意、米国はカナダとの協議も再開する方針」とのヘッドラインが流れると、米加貿易協定締結への期待が高まり、 加ドル円の上昇に連れてドル円は111.08まで反発。その後111.00まで戻すも、米金利上昇や米株の堅調推移にサ ポートされてドル円は111.12までじりじり上昇。終盤は方向感なく推移し、111.06レベルでクローズ。NY時間の ドル円の値幅はわずか17銭となった。海外市場のユーロドルは1.1646まで上昇した後、ユーロ買いが一服したこ とから1.1595まで反落するが、独8月IFO企業景況感指数が予想以上に良好な内容となり、欧州株もプラス圏で推 移するとユーロ買い戻しの動きとなり1.1630レベルでNYオープン。朝方は特段新規材料なく、ロンドン休日のた め参加者も少ない中、1.1644まで上昇。その後もユーロ高の展開が続き、海外時間高値を上抜けると1.1693まで 上昇。一日1.1675まで反落するも、終盤は高値圏での小動きとなり、結局1.1678レベルでクローズ。

ドル円は引き続き動きづらい相場展開が継続するだろう。先週末のパウエル議長の講演を受けてFRBが引締めを継続することが確認できたことでドル円相場においてドルは底堅さを増したと考えている。一方で、先週に111円台に突入してからドル円はじり高の状態が続いており、111円台半ばが壁となり一段上昇が難しい状況が継続している。斯かる状況下、トルコリラの下落が一服したことなどを受けてユーロに買い戻しが入る場面が見られたり、また米10年債利回りが下押ししていることからドル円も上値が重くなる場面が多々見られており、一時的に110円台に反落する動きが見られてもおかしくなさそうだ。本日は、米・卸売在庫やリッチモンド連銀製造業指数の発表が予定されており経済指標も反落のきっかけとなるかもしれない。また、中国元が先週「反循環的要素」を再導入したことで実質的な人民安制策と捉えられ6.7台まで人民元の買戻しが進んでいたが、昨日は再び6.8台まで人民元売りが進行し人民元売り圧力の強さが感じられた。引き続き人民元安が継続することで新興国通貨安によるリスクオフ相場が繰り返される可能性が残り、新興国通貨との関係においてもドル円はドル買いと円買いに挟まれて方向感が定まらない状態が継続していくのではないだろうか。

 

*投資は、自己責任です。投資の最終判断は、ご自身でお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です