ドル円 予想 ブログ スキャルピングならありな相場 外国為替証拠金取引

ドル円 予想 ブログ 外国為替証拠金取引

日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト(CMTA®)のFXトレーダーです。 テクニカル分析でドル円を予想しFXを楽しんでいます。今から数日先の相場観です。参考にどうぞ。

スキャルピングならありな相場かな。

昨日のドル円 予想結果

昨日の作戦です。

ドル円 日足チャートでは、弱い上昇の横ばいトレンドに設定
ドル円 日足チャートは、下降トレンドラインが引けます。日足ベースでは、下降と判断できます。注意点は、デイトレードの場合です。現在、現値が下降トレンドラインから微妙な位置、離れてています。さらにローソク足の形状が惑わす形です。ローソク足の下ひげの方が長いことから、現在上昇がややつよいと判断できますが、この程度では弱い上昇力です。むしろ横ばいトレンドとも捉えられます。そのため、下降トレンドラインを2本、引きました。上側の下降トレンドラインは、正規の方法で引いたラインです。下側の下降トレンドラインは、短い期間で1箇所ローソク足の上ひげを貫通する弾き方です。弱い上昇であれば下側の下降トレンドラインが有効に働くことが考えられます。

ドル円 4時間足チャート 売りエントリー

4時間足チャートを素直に見ると、現在上昇していますのでしばらく上昇と判断できます。上昇後、日足チャートで引いた下降トレンドラインが見えてきます。この下降トレンドライン(下側)で上昇トレンドから下降トレンドに反転するのがメインシナリオです。サブシナリオは、上昇が続き水平線の111.05まで上昇してから下降に反転です。注意点は、上昇後、下降に反転を確認してから売りエントリーです。

結果は、想定より早く下降しました。作戦と異なる動きでしたのエントリーなしです。

今日のドル円 予想

はじめに日足チャートで今後の値動きを予想します。

ドル円 日足チャートでは、下降トレンド継続

ドル円 日足チャートは、下降トレンドラインが引けます。日足ベースでは、下降と判断できます。注意点は、デイトレードの場合です。昨日、大きく下降したことで現値が下降トレンドラインから離れてています。ローソク足が20本まえの状況に似ています。弱い下降の横ばいになると予想できます。過去似た値動きになると明日までに35銭くらいの値動きにしかなりません。実際には利食い10から20銭くらいを狙うことになります。ほぼスキャルピングになります。スキャルピングは、別の記事で書いています。

結論:スキャルピングならありな相場。

図:ドル円 日足チャート

これを認識し次は、4時間足チャートで見ます。

ドル円 4時間足チャート 売りエントリー

110.31の水平線から上昇、下降の方向性を確認後、順張りエントリーです。110.31は、相場サイクルの前の谷です。この場所は、多くのトレーダーが意識する場所です。110.31で反転するか、強気が上回り上昇を継続するかは、そのときの値動きを見て判断できます。この場所付近では、一気に方向が出る可能性がありますので、目を離せないです。

結論:110.31の水平線から上昇、下降の方向性を確認後、順張りエントリー。

図:ドル円 4時間足チャート

相場回顧

トランプ米大統領発言により、ドル円は110円割れ
東京
東京時間のドル円は110.49レベルでオープン。⼀時110.42まで値を下げる局⾯も⾒られたが、この⽇は五・⼗⽇に当たることもあり実需勢のドル買いフロー等を背景にすぐに下げ⽌まった。その後は週後半に⽶中次官通商協議、ジャクソンホールでのパウエルFRB議⻑による講演等の重要イベントが控えていること等から様⼦⾒ムードとなった。狭いレンジ内での推移が続く中、引けにかけて⼩幅に上昇し、110.59レベルで海外へ渡った。(東京15:30)
東京時間:軟調な日経平均株価の値動きを受けて、ドル円は一時110円40銭台まで下落したものの、五・十日のドル買い需要等からドル円は110円60銭台まで反発。その後は終始もみあいの展開。
ロンドン
ロンドン市場のドル円は110.59レベルでオープン。今週後半に⽶国で複数イベントが控えていることもあり動意は薄く⼩動き。110.58レベルでNYに渡った。ユーロドルは1.1425レベルでオープン。欧州時間昼ごろまで売られ1.1395まで低下したものの、ポンドにつられる形で買い戻され1.1422レベルでNYに渡った。
欧州時間:特段材料がない中、ドル円は110円60銭近辺にて方向感なく推移していたが、米10年債利回りの低下を受けて、110円40銭近辺まで値を下げた。
ニューヨーク
週後半に⽶中通商協議の再開、ジャクソンホールでパウエルFRB議⻑の講演、FOMC議事録の発表等の重要イベントを控える中、海外市場のドル円は様⼦⾒ムードが強く110.60近辺を推移し、110.58レベルでNYオープン。この⽇は⽶経済指標の発表はなく、朝⽅は⽶⾦利低下の動きにつれて110.36まで下落。その後110.50まで戻すが、「低⾦利政策を期待していたトランプ⽶⼤統領がパウエルFRB議⻑の利上げ姿勢に対し不満をもらしている」とのヘッドラインが伝わったことから、ドル売りが進み110.27まで下落。11時からボスティック・アトランタ連銀総裁が講演を⾏っているが、特段⽬⽴った発⾔はなく市場の反応は限定的だった。午後は⽶10年利回りが1ヶ⽉ぶりの低⽔準の2.82%付近で推移し、ポジション調整のドル売りも散⾒される中、ドル円は110.02まで下落するが、節⽬の110円ちょうどが意識され下抜けできず、110.07レベルでクローズした。⼀⽅、ユーロドルは1.1421レベルでNYオープン。朝⽅は、⽶中通商協議の再開への期待によるリスクオフのドル買いの巻き戻しや、上記トランプ⽶⼤統領の報道を受け、ドル売りが強まったことから1.1464まで上昇。終盤も1.1500レベルが意識される中、1.1485まで上昇し、1.1481レベルでクローズした。
NY時間:トランプ大統領の「パウエルFRB議長の金融政策に不満」といった発言により、米金利が低下し、ドル売りの流れに。引け前には、トランプ大統領の「中国、欧州は為替操作している」との発言が伝わり、ドル売りが更に加速。ドル円は110円02銭まで下落した。尚、ドル売りの流れはその後も継続し、本日早朝、ドル円は110円割れとなっている。
直近のFOMC議事要旨でも明らかとなっているように、多くのボードメンバーが利上げの終着点とされる中⽴⾦利の⽔準には2019年にも到達するとの⾒解を⽰しており、利上げの終点も意識され始めている。利上げ開始前のドル⾼、そして利上げ開始後にピークアウトし、利上げ局⾯後半でのドル安という、過去の利上げ局⾯とドル円との関係性においてたびたび⾒られたサイクルに概ね沿う形で推移する中、⾜許のドル⾼が⽶国の期待インフレを押し下げ、また⽶企業の逆⾵となってリスクが顕在化するのも時間の問題かもしれない。他⽅、⽶利上げに伴う⽶⻑期⾦利の上昇やFedのバランスシート縮⼩の影響などを受けて軟調な地合いが続く新興国市場の影響の今後の波及についても警戒しておく必要があるだろう。直近ではトルコを起点とした新興国通貨安もややピークアウトした感触で、地政学リスクという観点からは落ち着きを取り戻すと考えられるが、それがドル円上昇の⽀援材料になるとは考えづらい。昨⽇はトランプ⼤統領がFRBの利上げに不満を表明したとしてドル売り進⾏した(⼀部報道ではトランプ⼤統領は先⽇開催された私的な会合でも利上げを批判している)。明⽇22⽇にFOMC議事要旨(7/31〜8/1分)の公表、23〜25⽇に開催されるジャクソンホールでのパウエルFRB議⻑の講演などにおいて、⽶景気に対する⾃信と⾦融政策正常化の漸進的なアプローチの維持を⽰したとしても、不安定な新興国市場、不透明な⽶中通商協議の⾏⽅、トランプ⼤統領のネガティブな発⾔がドル円にのしかかる形で上値を抑えると考える。本⽇朝⽅には⼼理的節⽬の110円を割り込んだ(2018/6/28以来)。週後半のイベントを控える中で市場のセンチメント改善は想定しづらく、ドル円下落⼀巡後の反発も限定的と予想する。

 

*投資は、自己責任です。投資の最終判断は、ご自身でお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です