ドル円の上昇は一服

ドル円の上昇は一服
東京時間:ドル円は114円台半ば、ユーロ円は131円台半ばでスタート。寄り付きこそ上昇して始まった日経平均株価ではあったが、日中は軟調に推移したこで、ドル円の上値は重い展開が継続。欧州時間:欧州時間では、「英国の関税同盟残留案をアイルランドが支持」とのヘッドラインを受けて英ポンドが上昇。ユーロも対ドルで1.14ドル台後半から1.15ドル台前半まで上昇した。NY時間:NY時間に入り、「日銀、超長期債の金利上昇を容認へ」との関係筋からのヘッジラインを受けて円買いの流れが強まり、ドル円は114円丁度近辺まで下落。その後は、米株がオープンから下げ幅を拡大すると、ドル円は一時113円64銭まで下落。引けに掛けては、米株が下げ幅を縮小したことで、ドルの買い戻しが入り、ドル円は113円90銭台まで値を戻す展開となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です