トルコのインフレ率が安定したら他の新興国通貨にスワップ金利目的で買い増し予定

トルコのインフレ率が安定したら他の新興国通貨にスワップ金利目的で買い増し予定です。

トルコのインフレ率が高すぎです。

トルコ インフレ率
2018/6/4 12.15%
2018/7/3 15.39%

インフレ率が高いということは、トルコリラの価値が低くなっているということ。だからリラ対円で通貨価格が安くなるということです。
トルコリラ円を買うと、その後価格が下がり損をする事になります。

ジャンク債にもなったトルコのリラを買う気はありません。狙いは、南アフリカランド円、メキシコペソ円です。トルコの経済危機が他の新興国通貨に影響し、他の新興国通貨が下落しています。トルコ経済が安定しないと他の新興国通貨を買うのがリスク高いのです。

スワップ金利投資は、数年間保有します。だから長期的な視点で今後値上がりすることを確認してから購入した方がよいと思っています。
今が底値と思うから買うというのはリスクがあり長期投資と異なってしまいます。
焦らず、客観的にトルコ経済の特にインフレ状況を見て状況悪化が止まったらタイミングがきたと思っています。

チャートは、週足で見ています。過去10年間の値動きを見て判断しています。長期的な視点では、急落後が底値と判断できません。急落後のトレンドを確認できるまで買い増しはがまんです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です